WHY WHAT SHINEIWHY WHAT SHINEI
「なぜなにシンエイ」

パチンコ・スロット 何で遊ぶ? <レート編>

現在のパチンコ店にはさまざまなレートが存在します。
レートとは4円パチンコや1円パチンコ、20円スロットや5円スロットなどの貸玉(メダル)料金のことです。
このレートの違いによる一番の差は投資金額です。

パチンコやスロットで遊ぶのに幾ら使うのか(使えるのか)という事に一番影響する部分です。

具体例を挙げて説明していきますが、遊ぶ為に使う資金が大きく変わってくるので、自分に合ったレート選びは必須です。

ここでは4円パチンコを例に説明していきますね!

遊ぶ際にはお店からパチンコ玉をりて遊びます。
この借りるときに1玉を4円で借りるのが、4円パチンコです。
通常は遊技台の「玉貸し」ボタンを1回押すと、500円分の玉=125玉が出てきます。
1000円だと250玉を借りられることになります。
遊んだあとは、その時点で手元にある玉を計数して、賞品と交換します。
この時、1玉の価値は4円という事になります。

これが1円パチンコですと、借りるときは1玉が1円。賞品との交換も1玉が1円の価値になります。
500円分だと500玉遊べることになります。

同じように20円スロットなら1枚が20円
20円スロットは大体どのお店でも借りる際は1000分のメダルが出てきますので、50枚ずつ借りることになります。
賞品との交換時は1枚が20円の価値となります。


レートにはこういった違いがあります。

ちなみに、
パチンコの貸玉料金の上限は4円です。
スロットの貸メダル料金の上限は20円です。
両方、下限はありません。

パチンコ店でパチンコやスロットで遊ぶ際にまず最初に気にするべきはレートではないかと思います。
今では1円パチンコや5円スロットが主流となりつつありますし、0.5円パチンコ(1000円で2000玉)や0.2円パチンコ(1000円で5000玉)、2円スロット(1000円で500枚)や1円スロット(1000円で1000枚)などもあるので、とても遊び安くなっています。

まずは低レートで無理なく楽しんでみることをお薦めします。
慣れてきたら、ご自分の一番楽しめそうなレート(価格)で遊んでみはいかがでしょうか!?

一覧へ戻る

Archive